活動報告

柏葉まつりの会場設営支援

2018/08/31(金)

社会福祉法人扶桑苑児童養護施設柏葉荘で
9月1日に行われた「柏葉まつり」の会場設営の労力アクトを8月31日・9月1日の2日間行いました。
テント設営やテーブル・椅子搬入、出店の備品の搬入などを行い、大変喜ばれました。
「柏葉まつり」はお天気にも恵まれ、子供たち、保護者、職員や地域の皆様が楽しい時間を過ごせました。

子どものためのオペレッタワークショップ実施

2018/01/13(土)

子どものためのオペレッタワークショップ「小人の靴屋」
https://peraichi.com/landing_pages/view/operetta
の受付・会場案内等のお手伝いをしました。
子どもたちのきらきらした笑顔に元気をもらいました。

さっぽろ雪まつり会場で献血呼びかけアクティビティ実施

2017/02/06(月)

第68回さっぽろ雪まつりが2月6日から始まり、札幌LCは在札LCのトップを切って大通公園西5丁目西側路上で行われている献血活動の呼びかけアクティビティを行いました。

「冬は雪の影響やインフルエンザなどで献血が減る時期です。現在も輸血を待っている患者さんがいます。みなさまのご協力よろしくお願いいたします!」とマイクで呼びかけたり、ポケットティッシュを配布しながら献血への協力を呼びかけました。

正午から約1時間行いましたが、呼びかけの効果もあり、移動献血車内は満席状態が続きました。

札幌LCは一年を通して献血の呼びかけ、特に成分献血の協力を呼びかけています。
皆様のご協力をよろしくお願いします。

第11回札幌ベアーズ大会閉会式

2016/10/30(日)

「ベアーズ」と名の付く札幌市内の12の少年野球チームによる第11回札幌ベアーズ大会の閉会式が北区屯田みずほ西公園グラウンドで行われ、L道下大樹第三副会長らが出席し、挨拶と優勝旗の贈呈などを行いました。
今年度優勝した「札幌ビッグベアーズ」は結成以来初の優勝を実現し、子どもたちはとても喜び合っていました。

「めざせ稲葉篤紀さん!少年野球教室in札幌ドーム」を開催

2015/09/13(日)

 2016年6月にチャーターナイト60周年を迎える記念アクティビティとして、9月13日、北海道日本ハムファイターズと共同主催で「めざせ稲葉篤紀さん!少年野球教室in札幌ドーム」を開催しました。
 野球教室には当クラブが活動に協力している、チーム名に「ベアーズ」がつく少年野球団で組織する「札幌ベアーズ会」より11チーム・選手120人と監督・コーチに参加して頂きました。

 ファイターズからは稲葉篤紀SCO(スポーツ・コミュニティ・オフィサー)のほか、元プロ野球選手でファイターズアカデミーコーチ2人に指導して頂きました。
 まずキャッチボールの練習から始まり、「相手が次の投球動作に入りやすいように胸に目掛けて集中して投げるんだよ」とアドバイスしたり、捕球の構えから送球までのスムーズな体の動かし方を伝授。守備練習や素振り、バッティング練習でもプロの実力と経験に基づいた丁寧な指導がなされ、憧れの稲葉氏からの直接指導に子どもたちは目を輝かせながら練習に打ち込んでいました。

 約90分にわたる指導後の講話で稲葉氏は「今日教えてもらったことをすぐにノートに書き写してください。それを読み返した時にすごく勉強になります」と現役時代に野村監督に教わったエピソードを交えて話したり、「野球は思いやりのスポーツ。感謝や挨拶、礼儀はとても大事です」「野球でも勉強でも何でも準備が大切です。忘れずにやってください」と子どもたちに語られました。

 野球教室開催中は、クラブ会員が観客席をまわり、子ども向け無料電話相談事業「チャイルドラインさっぽろ」への募金を呼びかけたり、献血への理解と協力を求めるパンフレットを配布し、多くの監督・保護者の方々にご協力いただきました。本当にありがとうございました。

 道民に多くの勇気や感動を与えてこられた稲葉篤紀氏とアカデミーコーチ陣による熱心な指導や、稲葉氏の野球にかける熱い思いを込めた講話を、真剣な表情で受け止めていた子どもたちの姿にクラブ会員一同強い感銘を受けました。
 当クラブの今回のアクティビティの目的である「青少年の育成」「スポーツを通じた地域振興」に微力ながら寄与できたとすれば、これに勝る喜びはありません。